総合的・俯瞰的・かつ理論的なCO2排出ゼロ戦略

CO2排出ゼロは何を意味するのか

菅首相が打ち出した、2050年までにCO2排出をゼロにする、という政策をどのように受け止めて良いのか、解らないという人が多いのではないでしょうか? CO2削減に対しては、環境に良い話だというイメージを多くの人が持っていますから、よく分らないながらも良いことだと思って、菅内閣支持率にも影響を与えているかも知れません。そうでないなら、学術会議任命問題で、国会答弁も満足に出来ない菅首相は、もっと支持率を下げているでしょうから。

CO2排出削減とCO2排出ゼロの意味の違い

これまでCO2排出削減は、常に言われてきました。しかし日本ではCO2排出削減は全くといっていいほど達成されていません
 同じスタンスを取れば、CO2排出ゼロは全くの絵空事になる可能性があります。しかしCO2排出ゼロというスローガンは、その意味を考えれば、これまでと違った動きに繋がる可能性を持つスローガンです。何故ならCO2排出ゼロは、化石燃料使用をゼロにすると、同じ意味なのです。その原理に気づけば、化石燃料を使わない社会を30年間で作り上げるという、大変解りやすいスローガンになります。30年かけて化石燃料を使わなくて済むようにしよう、どうです、このほうがわかりやすいではないですか? 
このように言い換えてみれば、その意味はよく分ると思いますが、反対という立場を鮮明にする組織もあるでしょう。ガス屋さんはどうするの? だって天然ガスという化石燃料を使ってます。ガソリンスタンドはどうするの? 化石燃料である石油を売っています。その商品を売れない社会にするのですよ。
 そんなの無理だと思う人もあるでしょう。いやそのような人のほうが多いかも。それなら菅首相を支持するのは止めなければ。CO2排出ゼロといえば賛成するが、化石燃料使用ゼロといえば反対するようなら、貴方は科学の素養がゼロと言うことを証明するようなものですよ。科学無視のトランプさんはアメリカで否決されました。日本でも科学無視を止めましょう。

化石燃料消費ゼロへの戦略地図-サンキー図

化石燃料消費を30年で止めるためには、化石燃料消費の実態を知らねばなりません。そしてそれを如何にして化石燃料でないエネルギーで置き換えることが出来るかを考えないといけません。資料を使った詳しい説明はすでに当ブログで紹介してあります。下のリンクをクリックすれば新しいタブで開きますから、それを同時並行的に読みながらこの以下の文を読んでいただければ、しっかりした理解の手助けになるでしょう。
見える現代日本のエネルギーーサンキー図に行く

IEAが作成したサンキー図に拠れば、現代日本のエネルギー源はその80%が化石燃料になります。その中で特に多いのは石油です。化石燃料消費をゼロにすることは、何よりも石油消費をゼロにすることを意味しているのです。先に示したリンクの中で、石油消費が一番多いことを示す図を直接みたい人はこちら>>
 そしてその石油はほとんどが輸入に頼っていると、皆さんご存じでしょう。サンキー図はそれを裏付けしています。またサンキー図は石油はほとんど発電には使われていないことも示しています。これはあまり知られていないことですが、それをサンキー図で読み取って下さい。詳しい説明は上記リンクページにあります。
 何故石油が発電に使われていないのか、それを知ることはエネルギー消費の理解にとって重要です。重要ながらとても簡単な理由です。それは石油は便利だから、発電に使うのはもったいないからという単純な理由です。オイルショックの時、日本のエネルギーはほとんどが石油に依存していました。政治的な問題でエネルギー供給を止められる可能性があるとオイルショックで知った産業界は、可能な限り脱石油を図りました。電気に変えるためには石油の必要はない、石油を発電に使うのはもったいないと、日本は不必要な分野での脱石油へと舵を切ったのです。
 言い換えれば、化石燃料消費ゼロは、化石燃料に拠らぬ発電だけを考えても達成できないことを意味します。何故なら脱石油が出来ない分野があったのです。それを解決しなければ、化石燃料消費ゼロを達成することは出来ません。

道路では脱石油が出来なかった

多くの家庭では、脱石油は達成できていると思います。電気とガスが主たるエネルギー源の家庭であれば、ガスは天然ガスだし、電気はほとんどが天然ガスと石炭を燃した火力発電での電気を使っているでしょう。つまり石油は使っていないのです。では脱石油が出来なかった場所はどこでしょうか?
 脱石油が出来なかった最大の場所は道路です。これもサンキー図を見ればすぐ解ります。
最終エネルギー消費に対するサンキー図を見る
上にあるリンクは新しいタブで開きますから、この文を読みながら図を見て下さい。これは最終エネルギー消費に対するサンキー図です。左にエネルギー種別がありますが、最大の太さを持つ線はoil productsとなっているでしょう。最も多く消費されている最終エネルギーの種別は石油製品という訳です。そしてそれを右に辿れば、分岐しますが、最も太い線で分岐しているのはtransport日本語では運輸部門と訳されます。そしてそれは更に分岐しますが、いくつかのごく細い線を除いて、一番太い線で分岐するのは、roadつまり道路というわけで、石油製品は道路上で最も多く消費されていることになります。これはなるほどと多くの人が納得するでしょう。道路を最優先で使用している道路使用者は自動車達ですね。脱石油が出来なかった最大の理由は自動車だったのです。エネルギー消費をトータルで見てみれば、自動車を何とかしないと脱化石燃料ーひいてはCO2排出ゼロは達成されないということになります。このような見方を総合的・俯瞰的と言うのではないかと思いますがね。菅さん理解しているのかな?

道路での石油依存を脱する切り札は鉄道利用である

道路で石油依存がこれほど大きいのは、自動車のエネルギー消費が大きいからです。自動車は便利です。だから20世紀を通じて自動車はどんどん浸透していきました。また日本でも優秀な自動車製造会社が活躍し、20世紀後半家電製造会社と共に、自動車産業が日本経済を牽引する原動力となりました。
 しかしこれからの時代を自動車産業が更に続けて牽引すると考えては日本経済は更に落ち込んでしまいます。トヨタさんには頑張っていただかなければですが、それに頼っては日本の発展はありません。何故なら自動車は脱石油が出来ないが故に、斜陽産業化する宿命にあるのです。
 一方自動車が何故これほどまで発展してきたかを考えれば、自動車に代わる何かを考えなければならないでしょう。自動車は何故これほどまでに発展してきたか? それは世界の隅々にまで、どこにでも容易に移動できる手段を人々に与えてきたからです。また各地の産物を素早く、正確に質を保ちながら離れた場所に届ける手段も与えてくれました。でもそのために大量のエネルギーを消費しました。
 便利な移動の手段でエネルギー消費が少ないもの、それは鉄道です。何故なら鉄道は運動に対する抵抗を大きく減じるからです。大まかな見当としてはエネルギー消費は約五分の一に減少します。CO2ー20%削減ではなく80%削減です。
 日本の鉄道技術は歴史も有り実績もあります。新幹線を世界に先駆けて開発し、事故も極端に少なく、広がる鉄道網を使って、頻繁に走る車両を正確に運行してきた実績があります。発展途上国から最貧国(地域)まで、21世紀には発展していく権利があります。日本はそれを助けることで、世界に尊敬される国となるでしょう。発展には交通は不可欠です。自動車がこれまでそれを担ってきました。これからは鉄道の出番です。
 都市内交通もこれまで多くの地方都市は自動車に頼ってきました。しかし化石燃料に頼らないという制限をつければ、自動車ははなはだ不適格な乗り物になります。やはり鉄道が浮かび上がってきます。
 事実最終エネルギー消費のサンキー図で、それを明確に読み取ることが出来ます。
>>最終エネルギー消費のサンキー図を見る
サンキー図で先ほどと同じtransportを見てみましょう。このサンキー図の流れから、transportのエネルギーの大部分はroadに行きました。その流れの下にごく細くrailがあります。鉄道です。鉄道のエネルギー消費はこのようにとても少ないのです。またtransportの太い線は、左からoil productsが作りだしています。左からElectricityが細くtransportに流れ込んでいます。そしてこの流れは、IEAの原図を見れば明らかですが、railに流れています。電気を使ったレール、すなわち電車のエネルギー消費ですが、このように自動車と比べて極端に少ないのです。
 未来社会を見据えて、すべての地方都市にLRTを。千年文化を考える会は、千年後も残る便利な交通網は都市の中ではLRTである。そう確信してLRT導入をと訴えています。
 LRTは高価である。1kmあたり20~30億円必要である。こう言って二の足を踏む自治体も少なくありません。しかし千年の基礎を築くのだとすれば安いものです。
 また上に述べた価格は車体をも含みます。確かに自動車よりは高いでしょう。しかし逆に言えば、輸出による利益もそれに伴って大きいでしょう。自動車産業が輸出で栄えたのなら、車両を含む電車産業は、これからの低炭素社会あるいはSDGsを牽引する、優良産業に成長するポテンシャルを、高く持っているのではないでしょうか。

まとめ

2050年までにCO2排出ゼロをというスローガンは、ざっくり解りやすく言えば後30年で、化石燃料消費をなくすということを意味します。そのための大きな一歩を、エネルギー消費のサンキー図から読み取ることが出来ます。化石燃料で一番多く使われているのは石油ですが、その大部分が道路上で消費されています。つまり自動車です。一方rail上のエネルギー消費は極端に小さなことが、同じサンキー図から読み取れます。鉄道をあらゆる側面で普及させることが、化石燃料脱却の大きな第一歩となります。

えねるぎぃっ亭南駄老でした。

おすすめの記事