新型ウィルスって何だろう

新型ウィルスが意味するもの

coved-19は新型コロナウィルスと呼ばれています。何故新型というのでしょうか? それはこれまでに世界中のどこにも存在していなかったからですね。世界中どこにも存在してなかったから、誰も免疫を持っていない。したがって誰でも発病する恐れがあるわけです。また新型故に薬も予防法も無い恐ろしさがあります。

ウィルスは自然界に数多く存在するそうです。生命体と非生命体の中間的存在で細胞を持たず、つまり自己自身で存在を続け増殖していく仕組みを持たないのです。
生物学で良く知られたように、通常生命体は細胞から出来ており、細胞はそれ自身で活動を続け、そして細胞分裂で増殖して行きます。増殖できるから古い細胞が死んでも、種としては次世代へ生命を繋ぐことが出来ます。

細胞こそ持たないが、ウィルスは生きて増殖する仕組みを持っています。どのようにして? 細胞に入り込み、細胞を借りて生命を保ち、そして細胞の中で増殖をするのです。
このウィルス特有の生命活動が、母胎となる細胞の正常な活動を妨げるかどうかは、母胎となる細胞と、宿を借りるウィルスによっているそうです。母体の正常な活動を妨げなければ(ときには役に立っているかも知れません)、共存関係が続きます。すべての動物にはそれぞれ共存関係にあるウィルスがあります。

共存関係にあるウィルスが、他の動物に移ったらどうなるか

ウィルスは細胞に入り込み生命活動を続けます。ただどのような細胞にも入ることが出来るわけではありません。だから共存関係にある動物の他には、移っていかないわけです。しかしウィルスは細胞より原始的ですから、進化も比較的簡単に起こります。何かの拍子にコウモリと共存していたウィルスが、人の細胞に入り込むみたいなことが起こります。SARSはこうやって人の問題となったと考えられています。

そうすれば当然疑問が起こってきます。新型ウィルスの問題は昔からあったのだろうか? それとも近年になって始まった問題だろうかという疑問です。

この答えは明白であると感じられます。新型ウィルスパンデミックの最初の例はスペイン風邪です。そのころはウィルスはまだ発見されていませんでした。病原菌はすべて細胞を持つバクテリアと考えられていました。スペイン風邪は今からおよそ100年前の出来事です。20世紀になって電子顕微鏡が発明され、ウィルスが発見されました。それによってスペイン風邪が当時の新型ウィルスであると解ったわけです。

21世紀になって、新型ウィルスは頻繁に問題となり始めました。SARS、MERS、そして今回のCOVID-19。これを見ると新型ウィルスは近年になって問題となり始めた新しい問題であると考えたくなります。そして近年これだけ新型ウィルスが発生するようになったのは、人間による環境破壊のせいであると。
実際そのように考えている人は、かなりいるようです。でも環境破壊が、どのようにして新型ウィルスを生み出すメカニズムとなるのか、一切解っていません。まさか空気中のCO2濃度が増えたから、新型ウィルスが発生しやすい状況が出来たとでも?

何事もCO2のせいにするのは、恐ろしく非科学的な態度です

私が大学の専任であった頃、多くの分野の自然科学者とお付き合いをしていました。文系学生に自然科学の教育を行うという仕事が私達の役割だったのですが、多くの学生達に授業を行っていたので、専任だけではなく多くの兼任の先生方にお願いをし、そして教育についての情報を共有するために年に一度親睦会を開いて、色んな意見を交わしていたのです。
話は専門を離れて、様々な話題に及びました。すべての先生はそれぞれ専門分野を持ち、専門的な学術論文を数多く書かれている専門の科学者です。当然話題はCO2問題にも飛びました。そして誰一人として、CO2増加によって地球が温暖化していることを、無条件に正しいと思っている先生はいませんでした。皆が多かれ少なかれCO2が地球温暖化を引き起こしているという仮説に疑念を持たれ、中にはそんなもの嘘に決まってるだろ、と笑い飛ばす先生もおられました。ここで指摘したいことは、CO2による地球温暖化という説は、科学的に見て絶対に正しいと科学者によって見なされているわけではないということです。ただし環境破壊については全員が憂えています。環境破壊阻止をCO2削減に直結させるべきでは無いと言うことです。
ここではそれに触れませんが、そのうちまとめて記事を書くつもりです。

近年急速に進んだ環境破壊が新型ウィルスを多発させるようになったというなら、何故そうなったかのメカニズムを解明しなければなりません。それよりもあり得べき一つの考え方をここで提出しましょう。

新型ウィルスは昔から発生していたが昔はローカルな問題で終わっていた

動物に住みつくウィルスが何かの拍子に人に住み着くようになるというメカニズムは昔から存在していたと考える方が合理的であると思います。もともと自然が持っていたメカニズムの一つであると。そうすれば環境破壊によって何故そのようなメカニズムが作られたか、解明する必要も無いし、ウィルスは変形しやすいことは、今では明らかになっていることですから、昔からウィルスは変形し、つまり新型のウィルスは昔から生まれており、時々人にうつる新型ウィルスも時々現れていたと考えるわけです。

さてそうすれば過去にも新型ウィルスは時折発生していたことになります。そうしたとき何が起こったかを考えてみましょう。
日本の昔の農山村は、現在より動物と近く生活をしていました。したがって新型ウィルスは頻繁に農山村で発生していたでしょう。
新型ウィルスは時々発生します。昔は風邪とインフルエンザまたは結核など区別がつきませんでしたから、何かはやりの病が襲ってきたとしか考えられないでしょう。はやりの病は村人全員を襲い、でも無症状の人もあり、ひとわたり村人を襲えば、基本的に皆が免疫を持つので、その段階ではやりの病は収束する。
村人の1%とかは、犠牲になって亡くなったかも知れませんが、昔はすべての病が死に至る可能性がありました。流行病が新型ウィルスか否かは、もちろん誰一人として区別は出来ません。
そして昔は交通手段が発達していないので、一つの村の事件として収まるのが通常でした。むしろ農山村で恐怖だったのは飢饉だったでしょう。食べ物がなくなる恐怖は、農山村でより深刻な問題でした。そこで豊作を祝うことが重んじられ、田舎に行くほど豊作祈願の祭りが多くなります。日本全国、 村の秋祭りはほとんどが豊作祈願です。

昔から都会のほうが疫病の被害は大きかった

村で閉じる感染症は時折都会にも広まります。都会ではもっと悲惨でした。そして都会では当時の知識人がいて、記録を残しています。それを見て現代日本人は悟ります。昔は疫病が流行ることが頻繁に起こったと。例えばあらゆる災害を記録したとみることが出来る方丈記にも疫病の記述があります。
昔の書物を読まなくとも、昔の都会の祭りの起源を見ると、疫病退散が如何に日本の都会の重要事だったかがわかります。歴史的に日本の大都会であり続けた京都の祭りは、多かれ少なかれ疫病退散を願ったものです。でも代表格は祇園祭です。祇園祭の起源はまさに疫病退散祈願にあります。
各地に祇園を冠した祭りがあります。特に地域の都会に。博多は九州一の都会であり続けた町ですが、祇園山笠は博多っ子の最大の楽しみであり、やはり疫病退散祈願をその起源とします。無法松の一生で有名な小倉祇園太鼓も、やはり疫病退散祈願が基でした。
こうしてみると日本では古来より、田舎では豊作祈願(飢饉退散祈願)が願いの第一に、都会では疫病退散祈願が願いの第一であったとの考えに至ります。疫病は昔から都会でのほうが悲惨であった。今回東京が一番被害が大きかったことは当然であると。

疫病のかなりの部分は新型ウィルスだったのでは?

このように疫病は昔から日本各地の、特に都会の悩みであったことが解ります。でもそれは何という病気だったのでしょうか? 様々な病気だったことでしょう。でもその一部は、あるいはかなりの部分は、新型ウィルスであったと考えるのは、自然のことではないでしょうか?
今回様々な病状も合せて報道されています。志村けんさんや岡江久美子さんなどの有名人が亡くなったのですから。
その症状と経緯を理解し、過去にこのような病気が流行ったとすれば、昔の人はどのように感じるかを想像してみましょう。
昨日まで元気だった人が、急に発熱し、体のだるさなどを訴える。最初はたいしたことが無いと思っていたら、急に呼吸困難になり、数日後あっけなく亡くなってしまう。これが人から人へと伝わっていく。昔の人は何かにたたられたと考えるでしょう。そしてその間はひたすらガマンをして、そして高僧や神官に祈祷をしてもらう。しばらく立ったら、このしばらくは一年かも知れませんが、流行病は終わる。疫病退散を聞き届けてもらったと、祈念の神事をおこなう。
何も出来ない昔の人にとって、疫病のはやりと収束はこのように見えたでしょう。いや現代の人も、実は何も出来ないのが新型ウィルスでした。
しかし"何も"出来ないというのは間違いです。祭りを象徴として町衆に疫病退散が強い願いとして共有されたのです。そして長い歴史上の経験から、疫病の感染爆発を抑える、様々な様式が生まれたのです。

日本文化の根底には疫病退散祈願がある

疫病退散祈願が都会部での祭りを生みました。しかし祭りだけではなく、日本文化の根底には、疫病退散を求める町衆の、あらゆる工夫があるのだと、今回私は感じています。それが今回の日本の奇蹟と呼ばれる現象を生み出す主原因になったのではないかと。

例えば疫病退散には清潔さが求められます。清潔さは"清め"という儀式で象徴されます。日本の伝統文化には必ず"清め"がありますが、それは日常生活での清潔好きに繋がります。また土足で部屋に入ることを避け、それは日本独特の畳文化に繋がりました。
ソーシャルディスタンスを保つお辞儀が重んじられました。あまり大声で話さないことは、中国人と比べても明らかです。日本家屋は風通しが良いように出来ています。これまでは夏の暑さを凌ぎやすくするためだと考えられるのが定説でしたが、換気を良くする効果も当然あったと考えられます。

グローバリズムが新型ウィルス問題を世界の問題とした

先に発した問いに対する答えの一つの可能性です。「新型ウィルスは以前から発生していた。日本の疫病の一部またはかなりの部分は、新型ウィルスに依るものであった。だが昔は交通が発達していなかったので、一部の地域で流行しただけで収束するのが常であった。しかし今や発達した飛行機網が、あっという間のパンデミックに繋がるようになった。」
このように考えると多くの人が納得できる答えになります。そしてそれは違うと反論するのは難しいでしょう。何故新型ウィルスが近年の問題になったかを説明し、また新型ウィルスが昔から発生したという仮説も、昔の日本での疫病退散祈願の重要さから、矛盾なく受け入れることが出来ます。
新型コロナウィルスは、現代社会の病理そのものであり、現代社会そのものを考えなければ、希望を持てる未来を切り拓くことは出来ないのです。

いずれにしても新型ウィルスはこれからも襲ってくると考えなければいけません。すでにSARS、MERS、今回のウィルスと見ても、10年おきに発生しているのです。これからも人類はこれにつきあって行かなければならないと考えるべきでしょう。
そう考えるのに皆さん抵抗があるかも知れません。やっとコロナをガマンして克服したのだ。第二波を注意するだけで精一杯なのに、さらに新しいウィルスを考えるとはとんでもない。
でもそれって現実を見ない逃避に過ぎないでしょう。戦後日本人はずっとそれでやってきました。原発事故は恐ろしいから起こらないに違いない。石油不足時代は恐ろしいからやってくるはずがない。そしてそれを支える無限の科学技術進歩幻想。原発事故を避ける高い日本の技術、科学技術進歩で石油を必要としない時代が来る・・・???。
こんなことを言っていたら日本はつぶれます。

昔の日本人のように強くなりましょう。疫病は必ず襲ってくると考え、疫病に強い社会を作っていきましょう。日本の伝統文化を現代科学の目で見直すのです。そうすれば世界が日本の奇跡の意味を理解し、日本文化に習って感染に強い社会を築いていく。日本が感染に強い社会建設のリーダーとなれるのです。

地域分散型社会を

感染に強い社会建設で欠かせないことがあります。それは東京一極集中社会を是正し、地域分散型社会を日本未来社会建設の骨組みとすることです。今回都知事がしきりに言っていたことがあります。三密を避けることです。ここでは新しい三密を提案しましょう。それは

  • 人口の密を避ける
  • エネルギーの密を避ける
  • 政治・経済の密を避ける

の三つの密を避けることです。


人口の密を避けることで、ソーシャルディスタンスを保ちやすくなります。
東京が感染に対して脆弱であることは今回でも明らかです。関西圏(大阪、京都、兵庫)が新規感染者数ゼロをほとんど保っているのに、東京は毎日新規感染者を数十人出しています。新規感染者の半分は今や東京なのです。他の地方が「迷惑な東京」と怒り出さないのは、日本人の優しさの表れです。

エネルギーの密を避けることは、自然エネルギー社会を創成するために、欠くことは出来ません。化石燃料は集中可能なエネルギーです。原子炉はそれ以上に集中するエネルギーです。それが密な大都会を生みました。しかし自然エネルギーは集中できません。何故なら自然エネルギーとは、地球全体に分け隔て無く降り注ぐ、太陽エネルギーが基になっているからです。

政治・経済の密は、東京一極集中の原動力です。若い人は東京でなければ仕事がないという理由で東京に集中してきました。しかしテレワークなどで集中したオフィスで働く必要はなくなりました。中央政府、東京都政府の嘘っぽい対応に対し、多くの地方政治家の真摯な態度が目立つ今回の経緯でした。政治・経済の密は避けられるし、避けるべきであることを、今回の一連の出来事が示しています。

様々なことを今回の新型ウィルスは考えさせます

えねるぎぃっ亭南駄老でした。

おすすめの記事